地底博物館

iphone修理ならお任せ、福岡でiphone、ipadの修理を行なっている9933グループです。

さて、今日は昨日の続きの地底博物館について紹介しようと思います。

明治27年から昭和47年に閉山するまでの80年間でなんと金、約40t、銀、約160tを産出し、

東洋一の黄金郷と謳われました。約800mの坑道に今も残る夢の跡をたどってみましょう。

正直、地底の事はあまり詳しくなかったですがわかりやすい説明ついていたので楽しいです。

 

驚異の地底「深」体験。
最新のLEDライトアップやグラフィックで、鯛生金山の魅力がパワーアップ!
当時の情報をダイナミックに再現し、ライブな演出で迫ります。
わかりやすいゾーニングや詳しい解説により、近代化遺産としての実像がよみがえります。

 

今はライトアップされているので歩きやすかったですが昔は明るくないはずなのでこの状況で作業は相当大変だったと思います。

地下17階まで続くエレベーター

510m先の底が見えません。

地下17階からわずか1分半ほどでエレベーターを引き上げることができるようになったとは驚きです。

 

さすが鯛生金山、金の鯛もいました。

以前、盗難被害にあった為にこれはレプリカとのことですがそれすらわからないほどのクオリティです。

 

ここまで紹介したのはほんの一部です。

もっと知りたい方は是非、行ってみてください。

 

そして中は想像以上に寒いので厚着してくだいね。

 

iphone、ipadの修理については9933へ

 

iPhone修理9933

TEL:0120-15-9933

〒812-0038
福岡県福岡市博多区祇園町8-12-927号室