アイフォンの視覚サポート機能『VoiceOver』

iphone修理ならお任せ、福岡でiphone、ipadの修理を行っている9933グループです。

 

 

今回はアクセシビリティの機能その2、『VoiceOver』について説明していきます。

「VoiceOver」とは簡単にいうと視覚サポートとして搭載されている機能です。

使い方によっては便利な場合もあるでしょうが、基本的には普通に目が見える人には必要ない機能です。

 

「VoiceOver」をオンにすると、アイフォンが項目を読み上げるようになり、操作方法が「画面が見えない人」用のものに変更されます。

具体的には下に記した操作方法です。

 

・タップで項目を選択(→読み上げ)

 

・ダブルタップで実行

 

・3本指で左右にフリックすることで画面スクロール

 

・2本指で上から下にスワイプすることで全文読み上げ

 

 

この機能では、例えば視覚障害の人でもアイフォンをある程度使いこなせるようになり、電話にでることや音楽を聴いたりと、いくつかの操作が簡単になります。

 

ニュースアプリ「グノシー」も使えました。

2本指スワイプで記事を読み上げてくれます。

ただホントに全部読み上げるので、読み上げなくていいところも読み上げたりします。

 

ゲームアプリ「パズドラ」はダメでした。

起動しても操作は全然出来ません。

しかしそもそも画面が見えなければゲームできないんで当然です。

 

 

iphoneには便利な機能がいくつもあります。

修理のご依頼なら9933に是非ご連絡を。

 

 

iPhone修理9933

TEL:0120-15-9933

〒812-0038
福岡県福岡市博多区祇園町8-12-927号室